あれっ・・?いつの間にこんなところにホクロが・・?

 人生の中でそんな経験はありませんか?背中や腕など、目立たない場所にできたほくろならあまり気になりませんし、ある日鏡で普段見ることの無い身体の一部分を見て、ホクロの存在に気づくこともあります。しかし、顔にホクロができたら、たとえ小さなホクロでも、気になってしまうのではないでしょうか。ホクロは一度できたら一生付き合っていかなくてはなりません。顔のホクロは他人の目から見ても目だってしまいますし、鏡で毎日見るたびにがっかりすることでしょう。そんな中でも、チャームポイントになるホクロだったり、あまり気にしないタイプの人でしたら、なれてしまう方もいるでしょう。でもその一方、いつまで経ってもすきになれず、コンプレックスを抱えてしまう人も少なくありません。そもそもホクロななぜできるかというと、メラニン色素を作り出す細胞が活発になってできるもの。シミも同じで、ホクロはそれが強く働いてできたものです。茶色いシミが濃くなり黒くなった平ぺったいホクロは、色素が増えたもことによってできたものですが、分厚く立体的にできた、盛り上がったホクロは、細胞が増えたことによってできたものです。ホクロでもいろいろな形状のホクロがありますが、美容整形によるホクロ除去は、ほとんどのホクロを除去することが可能です。ホクロ除去でも複数の方法があるので、ホクロの形状や肌にあった施術をすることで、ほとんど目立たなくなったり、全くホクロの存在がわからなくなるまでに治療できます。一部、悪性腫瘍によるホクロは例外ですが、どんなホクロもあきらめずに、カウンセリングによりきちんと診断を受けることで、除去することができます。