ホクロ除去の術後

ホクロ除去を検討している方、できるだけホクロを除去した後の経過が気になると思います。本当に
しっかりホクロは取れるのか? 逆に傷跡が目立ったりはしないか? 不安が多いと思います。ホク
ロ除去の多くは、顔にあるホクロを除去します。 ホクロは取れても、顔に傷跡があたら誰だって嫌で
すし、ホクロをとろうとしてできた傷なんて、まだホクロがあったほうがマシって言う人も多いと思
います。せっかくお金を払って除去するのですからきれいに除去したいものです。 ホクロがきれい
に取れて、傷跡もきれいに仕上げられる方法として、「 レーザー治療 」があります。レーザーは、ど
んな形状のホクロでもいいというわけではなく、通常直径3ミリ程度のホクロでしたら、ホクロをきれ
いに除去し、傷跡もなくきれいに仕上がると言われている方法です。レーザー除去する場合は、直径
5ミリ以下で、なるべく大きいものではなく、ひらぺったいホクロを除去するのに合っています。ホク
ロの施術自体は、ほんの数分で終わってしまいますが、施術後から傷跡が消えていくのは個人差が
ありますが、大体半年もすれば傷跡は目立たなくなります。目立たなくなるということは化粧をすれ
ば他人から見てもほとんどわからない状態でしょう。 ホクロ除去の施術後は、患部にガーゼで覆う
などして、しっかりテープで貼り付けておきます。出血も多少することがあります。その後、かさぶた
に変化して、1週間後には、かさぶたがはがれてきます。1ヶ月度には、少しくぼんで、赤みを帯びてい
る程度になります。