ホクロと癌の関係

ホクロを美容整形で除去するのは簡単なことですが、どんなホクロでもとっていいわけではありません。ホクロには、皮膚がんが隠れていることがあります。もし、そのホクロをレーザーを当ててとろうとした場合、レーザーの刺激によって、癌が悪化する可能性があります。もちろん、しっかりと処置をしなければ、他の部分に転移も考えられるので、慎重に扱わなければなりません。皮膚がんは、誰でもかかることのある癌で、おもに免疫が落ちる50代からが癌にかかりやすいといわれています。皮膚がんの発生率も、他の癌とそんなに変わりありません。美容クリニックでホクロを除去する場合、癌の専門的な部分まで考えて処置してくれるのか?といえば、少し不安ですよね。ホクロが癌の可能性がある特徴は、急激に成長したほくろ、形のいびつなほくろ、手のひらや足の裏にできたほくろなどが疑われます。皮膚がんは、とても進行がはやいといわれているので、早めの対処が必要です。普通のでき方でないと感じる場合は、美容クリニックに行く前に、皮膚科に受診されることがおすすめです。除去は皮膚科でも行ってくれます。美容目線で考えた場合、美容クリニックのほうがキレイに除去できるような気がしますが、悪性が疑われる場合は、そんなことは言っていられません。一度詳しい検査が必要です。もちろん、美容クリニックでも、除去できるホクロなのか、診察を受けてから判断されますので、カウンセリングなどを受けたときにきちんと相談をしておくと良いと思います。