ほくろの除去方法

顔のほくろって、ほとんどの場合、うれしいものではありません。目元や口元のホクロはチャームポイントになることもありますが、できて欲しくないことがほとんどでしょう。ほくろといっても、大きさや形は人それぞれです。たくさんほくろがある方もいます。大きく盛り上がったほくろの方もいれば、細かくて平ぺったいほくろもあります。コンプレックスに感じている方は、美容整形で除去する方もいます。ほくろの除去方法には、いろいろあります。「 くりぬき法 」と呼ばれるものでは、メスを使って、ほくろ全体をきっちりくりぬき、ほくろを除去して無くなった部分の組織を盛り上げて傷をむさいで治す方法です。顔のほくろを除去する場合、顔の皮膚は血流が豊富にあり、皮膚の修復が早いので、この方法が適しています。しかし、大きなほくろは合いません。だいたいホクロの直径が5,6ミリくらいまでに適しています。もし、それ以上に大きいものを施術する場合は、傷跡を小さくして早期治癒のために総武を縫合する場合があります。くりぬき法以外の方法ですと、切除や縫縮法などの手段をとる場合もありますが、くりぬき法の場合、手術代は保険適応となるので、費用を抑えて除去することができます。また、ほくろの中でも、癌によって、できるものもあります。悪性腫瘍の疑いがあるときは、取ったほくろを病理検査する場合もあります。ほくろを取りたいけれそどうしたら良いのかわからない。という人は、インターネットなどの口コミをっみて参考にしたり、皮膚科でカウンセリングなどを受けてみると良いでしょう。

美容整形外科などで他に人気のメニューといえば バストアップ脂肪吸引 などがありますね。

ホクロ除去クリーム

ホクロは、人の見た目を老けさせてしまうこともあり、チャームポイントになるホクロ以外は、あってほしくないものでしょう。特に小さいときから大きなホクロや目立つほくろができていた人は、友達からからかわれたりした経験があるのではないですか。ホクロは、美容クリニックなどで除去することが可能ですが、そこまでする必要もないのでは・・。と考える方もいますし、美容整形までする勇気がない・・!という方もいるでしょう。でも、コンプレックスになっている人は、自力で何とかしようと試みる方もいます。でも、素人が勝手に肌を傷つけるような取り方をしてしまうと、余計痕になってしまったり、傷跡から細菌に感染することも考えるので、絶対やめましょう。自力でホクロをなくす方法として、一番安産なのが、 「 ほくろ除去クリーム 」です。ほくろ除去する商品はネットでたくさん見かけることができますが、安心できる商品でも5,000円ほどで購入することができます。一方クリニックで除去するとなると、ごく一般的なサイズのホクロなら1箇所で5,000円から10,000円ほどします。ホクロが何箇所もある方はその分、金額が高くなりますので、ホクロ除去クリームならかなりお値打ちにできます。クリームの中でも、反響の多いものが「 ニッキーモールアウトクリーム 」です。このクリームのなかでも何種類かありますが、5、000円前後で購入することができます。気になるほくろにクリームをのせて、4時間放置します。ホクロは次第にかさぶたになって、はがれるまで待ちます。一度で取れない場合は、これを繰り返すことによって、だんだんホクロが薄く、無くなっていくという仕組みです。

皮膚関係のHP